Wander Bar - Snacks and Drinks

 

Wander Bar-ひがし北海道観光情報メディアー

霧多布湿原や霧多布岬など絶景が集まる浜中町で訪れるべき観光スポット

北海道浜中町のおすすめ観光スポット

北海道の中でも浜中町という名前の知名度は低いですが、厚岸の東に位置するこの地域は断崖絶壁が続き絶景に恵まれた観光スポットです。

釧路から東に1時間ほどで厚岸に行くことができ、そこから30分くらいでこの浜中エリアがあります(画像は浜中町HPよりお借りしています)。

道東巡りをしていて浜中という名前は意識することはあまりないかもしれないですが、厚岸に行ったのであればついでに立ち寄りたい場所です

およそ300種もの高山植物や野草が咲くことから「花の湿原」と呼ばれる霧多布湿原や、太平洋の荒波に突き出した霧多布岬など、浜中町は貴重な自然と息を吞むような絶景を体感できる町です。

また浜中町は漁業と酪農が盛んで、乳製品や昆布製品などの美味しいグルメもいっぱいあるのでそちらもチェックしてみましょう。

なお、このエリアは夏は霧が発生しやすく、写真のように綺麗に晴れることは少ないので要注意です!

霧多布岬

霧多布岬

太平洋に突き出すように伸びた岬が「霧多布岬(きりたっぷみさき)」で、断崖絶壁が見られる絶景スポットで、浜中エリアでは絶対に立ち寄りたい場所です。

霧多布岬

絶景すぎる霧多布岬

霧に覆われることが多いため「霧多布岬」と通称で呼ばれていますが、正式な名称は「湯沸岬(とうふつみさき)」といいます。
また霧多布はアイヌ語のキタプ(カヤを刈る所)が由来なので、実は霧は全く関係ないのです。

ここは、トッカリ(アイヌ語でアザラシ)が観察できることからトッカリ岬と呼ばれることもあります。アザラシ以外にも運が良ければラッコも見られます。

駐車場から徒歩10分ほど歩いた岬の先端には「湯沸灯台」があります。「湯沸灯台」は、平成28年に日本ロマンチスト協会より「恋する灯台」として認定されたようです。

そして灯台の近くは、「霧多布岬キャンプ場」があり、夏には壮大な太平洋の絶景を眺めながらキャンプができる場所でもあるので、キャンパーの方はキャンプ場の候補地としてリストに入れておきましょう。

10月中旬頃までしか利用できませんが、太平洋と断崖に面したキャンプ場は霧多布の絶景を満喫することができます。

霧多布岬キャンプ場

夕日が美しい霧多布岬キャンプ場

バンガローとテントサイトどちらも利用できるので、キャンプ場を利用するのであれば近くの温泉施設ゆうゆで手続きをしましょう。ちなみに、テントサイトは無料で利用できるのでありがたいです。

アゼチ岬

アゼチの岬

アゼチの岬

「アゼチ岬」は、霧多布半島の西端から琵琶瀬湾に突き出した岬です。霧多布岬と比べるとマイナーな岬ですが、夏場は夕日の鑑賞スポットとして人気です。

「アゼチ岬」からは、晴れていれば、正面に小島、ゴメ島、奥に嶮暮帰島(けんぼっきとう)を見渡すことができます。

アゼチの岬

アゼチの岬から見える島々

岬の周辺の草原は、エゾカンゾウやヒオウギアヤメなどの野花の宝庫で、6月中旬から7月中旬にかけて見ごろを迎え、景色だけでなく花も楽しめるため、霧が多いこの季節、景色が見えなかったら花を楽しみましょう。

また、昆布漁が盛んとなる夏の時期には、早朝に昆布船が出漁する風景も見ることができます。

涙岬

涙岬入口の看板

涙岬入口の看板

またまた岬ですが、涙岬もおすすめです。

涙岬は数10mもの断崖が続く海岸にある岬で、言わずもがな絶景スポットです。

絶景の涙岬

絶景の涙岬

「なぜ涙?」への答えは、入り口の看板を見るとわかります。看板には次のような内容が書かれています。

昔、ニシン漁が盛んだった頃、厚岸の若者と霧多布の網元の娘が恋に落ちた。ある嵐の日、厚岸から船で霧多布へ向かう途中、ここまで来て船は座礁し若者は海へ消えてしまった。それを知った娘は、この断崖に立って泣きながら、海に向かって若者の名前を呼び続けていたという。

「涙岬」は、太平洋に向かって泣いている乙女の横顔に見えることから「乙女の涙」とも呼ばれているという悲しい背景があるのです。

霧多布湿原センター

霧多布湿原センター

霧多布湿原センター入り口

湿原といえば釧路湿原が有名ですが、浜中には霧多布湿原という湿原があり、湿原の雄大な自然が広がっています。

夏から秋にかけて、エゾカンゾウやコケモモ、ガンコウランなど、300種類もの花が見られることから「花の湿原」ともいわれています。

また、オオハクチョウやタンチョウ、オジロワシなどの鳥が訪れる野鳥の聖地でもあるので様々な楽しみ方ができる場所なのです。

「霧多布湿原センター」は、この霧多布湿原を一望できる高台にあるビジターセンターです。

霧多布湿原センターから見える霧多布湿原

霧多布湿原センターから見える霧多布湿原

建物の中には、展望ホール、きりたっぷカフェ、ミュージアムショップ、バードカービングや木のおもちゃの展示、津波の地層展示、図書コーナーなど見どころ満載なので、意外と時間を潰せます。

「きりたっぷカフェ」では、浜中町産のホエイ豚を使ったソーセージのホットドッグや浜中産のほっき貝を使用したカレー、浜中町の人気レストラン「ファームデザインズ」のチーズケーキなどが食べられます(日によってない場合もあります)。

霧多布湿原を見ながら休憩

霧多布湿原を見ながら休憩はいかが?

琵琶瀬展望台

霧多布湿原を一望するなら琵琶瀬展望台にもぜひ行ってみてください。

琵琶瀬(びわせ)という地名は、昔は琵琶瀬川でカラス貝を採取していたことからアイヌ語の「ピパ・セイ=貝殻・ある所」に由来するといわれています。

琵琶瀬展望台からの景色

琵琶瀬展望台からの霧多布湿原(夏)

霧多布湿原の南に位置する高台にある「琵琶瀬展望台」からは、北には広大な霧多布湿原の中を蛇行する琵琶瀬川、南には太平洋を一望できる360度のパノラマを楽しめ、「ザ・北海道!」という広大さを感じることができます。

釧路湿原とも違うこの風景は、夏もいいですが秋や冬は黄金色になるので、それもまた魅力的です。

冬の琵琶瀬展望台からの霧多布湿原

琵琶瀬展望台からの霧多布湿原(冬)

琵琶瀬木道

琵琶瀬木道

琵琶瀬木道の入り口

「琵琶瀬木道」は、霧多布湿原の中にある木道の中で、もっともポピュラーな木道です。

霧多布湿原は国定公園なので一般の人は立ち入ることはできません。
また、一見草原のように見えますが、土壌は湿っているので(湿った草原なので湿原です)立ち入るとズブズブと埋まってしまう可能性があります。

ここでは夏にはエゾカンゾウやアヤメを見ることができます。見られる期間が非常に短いので花好きでなくてもぜひ立ち寄ってみてください。

琵琶瀬木道のアヤメの群生

アヤメの群生

また運が良ければエゾシカや冬にはオオワシも見れるようなので、野生生物を見たいという人にもおすすめです。

霧多布温泉ゆうゆ

霧多布の温泉、ゆうゆ

北海道旅行では温泉は欠かせません。しかし、この辺りには温泉はなく、唯一あるのがこの「ゆうゆ」です。

「霧多布温泉ゆうゆ」は、浜中町の中心部である霧多布市街地を望む湯沸山の一角に建てられた温泉施設です。
大浴場や露天風呂からは、サンセットが見ることができます。

ドライサウナ、ミストサウナ、ふれあい風呂など設備が充実しているので、ゆったりとくつろげます。

館内には他にも、リラクゼーションスペースや売店、遊び広場、ご当地メニュー「霧多布こんぶらーめん」や「冷やし霧多布こんぶつけめん」などが人気の「レストランきりたっぷ」があります。

あんかけ焼きそばも人気なようです

浜中町ふれあい交流・保養センター「霧多布温泉ゆうゆ」

■所在地:北海道厚岸郡浜中町湯沸432番地
■休館日:無休
■ホームページ:https://kiritappu-yuyu.com/

モンキー・パンチの生まれ故郷を感じる

浜中町のルパン

浜中町は、「ルパン三世」の原作者である漫画家モンキー・パンチ氏の生まれ故郷だということを知っている人は少ないのではないでしょうか?

ルパン三世登場40周年の記念作品としてテレビで放映された「ルパン三世 霧のエリューシヴ」は浜中町を舞台として描かれています。

「浜中町総合文化センター」の中にあるモンキー・パンチ氏の仕事部屋を再現した「AGITO」には、ルパン三世をはじめモンキー・パンチ氏の作品などに関連した品々が展示されています。

また、「浜中町総合文化センター」の1階には、ルパン三世の愛車である「FIAT500チンクエチェント」の実車が展示されていて記念撮影ができます。

茶内駅にあるルパン

茶内駅にいるルパン

駅前にもルパンのキャラクターのオブジェがあって撮影できますので、興味のある人は行ってみてはいかがでしょうか

より自然を満喫するならアクティビティやキャンプを!

浜中町には、霧多布湿原をはじめとする大自然を体験できるツアーやアクティビティがいろいろあります。

定番なものとしては霧多布湿原を流れる琵琶瀬川や湖沼をカヌーでめぐるツアーがあります。

霧多布湿原の中を下るカヌー体験

霧多布湿原の中を下るカヌー体験

カヌーにはガイドが同乗して霧多布湿原の自然について詳しく解説してくれるので、ただ展望台から湿原を見るのとは全く違う楽しみがあります。
タイミングがよければ、タンチョウやオジロワシ、エゾシカ、キタキツネなど、北海道の貴重な野鳥や動物に出会えることもあります。

また、霧多布湿原や霧多布岬などで、トレッキングやバードウォッチングを楽しむツアーもあります。

夏は花が咲き誇る湿原の景色を、冬は凍てつく湿原と冬鳥など、浜中町の四季それぞれの自然が楽しめます。

他にも、波打ち際を乗馬してトレッキングする「ホーストレッキング」や、坂道でも楽に登れる「e-bike」でのサイクリングなど、魅力的な体験ツアーやアクティビティがたくさんたくさんあります。

嶮暮帰島(ツアー)

「嶮暮帰島(けんぼっきとう)」は、琵琶瀬漁港の沖合に浮かぶ無人島です。故ムツゴロウ(畑正憲)さんが、その昔動物と暮らした島として有名です。

島にはスズランやエゾカンゾウ、エゾリンドウなどの群落が手つかずのまま残されていて、貴重な動植物の宝庫です。世界最小の動物といわれるトウキョウトガリネズミやコシジロウミツバメなど希少な生物の生息地にもなっています。なお、「嶮暮帰島」への入島は、指定されたガイドの同行が必要です。

絶景スポットが多い厚岸で絶対に行っておきたいおすすめ観光地を詳しく紹介!

厚岸のおすすめ観光スポット

厚岸といえば牡蠣が有名ですね!

しかし、牡蠣以外にもアサリやサンマ、ホッカイシマエビなどの豊かな海産物や新鮮な乳製品など美味しいものが一杯揃っているんですよ。

また、牡蠣のイメージが強く観光地はあまり知られてないですが、断崖が続くこのエリアは雄大な道東の自然が楽しめる場所でもあります。

特に「岬」と名がつく場所が多く、できれば全部回ってほしいくらい素晴らしい景色が多いのが厚岸の特徴です。

尻羽岬

尻羽岬

尻羽岬の入り口

尻羽岬は「しれぱみさき」と読みます。名前はアイヌ語の「シリ=大地」「パ=頭」に由来しています。

尻羽岬

尻羽岬は他の岬とは違い断崖が見えるわけではありませんが、天気がよければ岬の先端から厚岸湾と大黒島の絶景を見ることができます。

そして、岬の先端に行く途中には崖の足下には鳥居が建てられた「帆掛岩」が見れるので、見逃さないようにしましょう。

尻羽岬

尻羽岬にある鳥居。小さいので見つけづらいかも?

「誰が何のために?」という感じですが、この帆掛岩には、日高から逃げてきた源義経の船が、尻羽岬の沖合で猛吹雪に遭って座礁し、義経は崖を登って石像となり、船は岩になったという伝説が残されているのです。

普通に歩いていると見逃してしまいますので、崖下を意識しながら歩いてみましょう(落ちないように!)。

愛冠岬

愛冠岬

愛冠岬です。鐘があります

愛冠岬は「あいかっぷみさき」と読みます。

厚岸湾から突き出した約80mの断崖の上にある「愛冠岬」からは、「筑紫恋海岸」や海鳥やゼニガタアザラシの繁殖地として知られる「大黒島」と「小島」を一望できます。

愛冠岬からの景色

愛冠岬からの景色は絶景

「愛冠」という名前は、アイヌ語の「アイ・カップ=矢の上のもの」に由来し、矢が届かないことから「できない」や「届かない」という意味も持っています。

また、鳴らすと想いが叶えられるという「愛の鐘ベルアーチ」があり、カップルに人気のスポットでもあります。もちろんこの景色を楽しむために一人で行っても問題ありません!

町から望む厚岸大橋と牡蠣島

厚岸といえば厚岸大橋がシンボルとしてあげられますね。

厚岸大橋

厚岸大橋。歩行者も通行できます

「厚岸湾」と「厚岸湖」の境に掛けられた真っ赤な厚岸大橋は、厚岸町のシンボルとして、厚岸観光十景のひとつになっています。この橋を渡るたびに「厚岸に来たなぁ」と実感します。

厚岸大橋を渡って厚岸湖沿いを進むと、沖合に神社が浮かんでいるのが見えます。

厚岸湾に浮かぶ神社

厚岸湾に浮かぶ神社

望遠レンズで撮影しているのでここまで大きくは見えませんが、これは「牡蠣島弁天神社」という神社です。いつ創建されたかはっきりとわかりませんが、寛政3(1971)年の「東蝦夷(えぞ)道中記」に神社があることが記されています。

大正時代に入ると、神社の隣には保養館や料亭が建てられ賑わっていたようですが、戦後になって地盤沈下が進み、今では島のほとんどが水没してしまっています。

お供え山展望台

厚岸の町並みを上から眺めたいならお供え山展望台がおすすめです。

お供え山展望台は観光スポットでもありますが、本来は津波が来た時に避難する場所として指定されています。そのため、写真のような階段をひたすら登らなければならず、それなりに大変です。

お供え山展望台

津波の避難場所でもあるお供え山展望台

階段を登り切りしばらく歩くとこのような展望台がありますので、この上から厚岸の景色が一望できるのです。

お供え山展望台

お供え山展望台。これを登ります

標高およそ60mの山頂からは厚岸町の街並みや厚岸大橋、厚岸大橋の左右に厚岸湾と厚岸湖を一望できます。

お供え山展望台からの景色

お供え山展望台からの景色

「お供え山展望台」の周辺には、近代アイヌ期(17世紀から18世紀頃)の4つのチャシ(アイヌの砦や城、柵囲い)の跡が残されていて「お供山チャシ跡群」として厚岸町指定の史跡になっています。4つのチャシ跡の中でも、展望台のすぐ手前にあるのが「鹿落としのチャシ跡」です。

お供え山展望台は少し場所がわかりにくいので、Googleマップを頼りに行くとよいでしょう。

また、お供え山の山頂には、町指定の天然記念物「逆水松」もあります。「逆水松」は、樹齢およそ400年、高さ約7.7mのイチイ(オンコ)の木で、枝が根のように広がっていて、逆さに生えているように見えることから、この名が付けられたといわれています。

あっけし望洋台

国道44号線を走っていると「あっけし望洋台」があります。ここは厚岸湾を一望できる展望スポットで、晴れた日には、尻羽岬や愛冠岬、大黒島、厚岸大橋まで望むことができます。

あっけし望洋台

あっけし望洋台

正直、厚岸に行くまでに海を一望できる場所はたくさんありますので、それほど感動はしないかもしれません。

ただ展望台には、バスや乗用車など50台以上が駐車可能なスペースとトイレ(冬は閉鎖)、自動販売機などが設置されているので休憩がてら立ち寄ってみるくらいでいいでしょう。

原生花園あやめヶ原(夏)

「原生花園あやめヶ原」は、広尾町から納沙布岬まで全長321kmにもおよぶ海岸線を走る道路「北太平洋シーサイドライン」の景勝地のひとつです。

標高およそ100mに位置する、広さ約100ヘクタールの広大な原生花園には、毎年6月下旬から7月上旬の初夏にかけて、約30万本ものヒオウギアヤメが咲き誇り「あっけしあやめまつり」が開催され、写真のようなあやめを見ることができます。

厚岸アヤメが原

あやめのイメージ

この記事を書いている2023年は開花が早く見頃も短かったので、まつりの日に必ずしもあやめが見れるかどうかはわかりませんのでホームページやSNSを確認することをおすすめします。

ヒオウギアヤメの他にも、海浜植物や高山植物など約100種類の草花が、5月から10月にかけて見られます。

子野日公園(桜の時期と秋)

子野日公園は、道東で有数の桜の名所として知られている公園です。それほど大きな公園ではないので桜の時期(5月頭〜中旬頃)に厚岸に行く人は立ち寄ってみるといいでしょう。

子野日公園

桜が綺麗な子野日公園

北海道にはソメイヨシノはほぼありません。なので、ここでは、エゾヤマザクラ(オオヤマザクラ)やヤエザクラ、北海道では珍しいフゲンゾウといった桜が見られます。

子野日公園の桜

いい感じの桜

道東にはあまり桜のスポットがないので、それなりに綺麗な桜が見られるのでおすすめです。

春には「桜・牡蠣まつり」、秋は「牡蠣まつり」といった牡蠣のイベントもやっているので、タイミングがあればここで美味しいものを食べていきましょう!

厚岸の人気道の駅ターミナル・コンキリエ

厚岸のコンキリエ

厚岸の道の駅「コンキリエ」はもはや厚岸の定番の観光スポットになっていますね。

「コンキリエ」はイタリア語で貝の形をした食べ物の意味らしいです。牡蠣が年中採れる厚岸らしいですね。

館内には1階に、 牡蠣やあさり、さんまなどの厚岸町の特産品を使用した製品が並ぶ「総合展示販売コーナー」、「厚岸産 蒸し牡蠣」やオイスターソースが入った「オイスター☆モカソフト」が食べられる「オイスターカフェ」があります。

コンキリエでソフトクリーム

コンキリエのソフトクリーム

2階には、牡蠣をはじめとした近海の海産物や近郊の農畜産物が買える「魚介市場」、魚介市場で買った食材を炭火で焼いて楽しめる「炭焼 炙屋」、牡蠣を使用したさまざまなメニューが味わえる「レストラン エスカル」、「厚岸ウィスキー」とともに新鮮な牡蠣を使った料理が味わえる「オイスターバール」があります。

コンキリエのカキフライ定食

最高に美味しいカキフライ定食

グルメパークというだけあって厚岸のグルメを楽しめる場所となっています。なので、ここで食事や休憩をしたりお土産を買う人は非常に多いですね。とりあえず厚岸に行ったら立ち寄る場所です。

苫多海岸

苫多海岸

苫多海岸。下に海岸に出るのは大変

厚岸町でも知る人ぞ知る名所が「北海のパノラマ 苫多海岸」と呼ばれる苫多海岸です。かつては、厚岸ニシンの干場として有名でしたが、ニシンの引き網が行われた砂浜は波に浸食されて、現在は流砂防止のブロック堤が延々と続いています。

しかし、海岸線から一望できる厚岸湾の全景や尻羽岬、愛冠岬、大黒島、小島、厚岸大橋は絶景で、厚岸町の観光十景に選ばれています。

とはいえ苫多海岸は少し外れた場所にあり、海岸に降りることも難しいので時間がある人や厚岸に何度か行ったことがある人が立ち寄るくらいでいいでしょう。

別寒辺牛湿原&水鳥観察館

湿原といえば釧路湿原が有名ですが、実は厚岸にも「別寒辺牛(べかんべうし)湿原」という湿原があるのです。「べかんべ」とはアイヌ語で「菱の実」を意味します。

別寒辺牛湿原は釧路湿原のおよそ半分の大きさですが、東京ドーム約1600個分という非常に大きな湿原です。ただし、別寒辺牛湿原は釧路湿原のような展望台があるわけではありません。なので、車や電車からその景色を見るしかありません。

もしくは湿原を流れる別寒辺牛川のカヌーツアーに参加すると、身近に湿原の自然を感じることができます。運が良ければタンチョウも見られます。

別寒辺牛湿原でのカヌー

別寒辺牛湿原でのカヌー下り

もし野鳥に興味があるのであれば近くにある「水鳥観察館」にも立ち寄ってみましょう。

水鳥観察館

水鳥観察館。正面には別寒辺牛湿原が望めます

水鳥観察館は入場無料で、厚岸湖や湿原に飛来する水鳥について紹介しており、設置されている望遠鏡で湿原の鳥を見られます。

別寒辺牛湿原には釧路湿原と同じようにタンチョウが生息しているので探してみると楽しいでしょ。またオオハクチョウやオジロワシ、カモ類などを施設から見ることができます。

アクティビティに参加するのも楽しい

厚岸の観光で時間があるのであればアクティビティに参加してみるのもおすすめです。ただ単に観光するよりもガイドをつけたアクティビティに参加すると、自然や地域への理解が深まり、ずっと楽しい観光になります。

春から夏にかけては「別寒辺牛湿原のカヌーツーリング」や「ガイド付きサイクリングツアー」「あさり掘り体験」が体験でき、冬は「冬のネイチャーウォッチングツアー」「ワカサギ釣り体験ツアー」など、道東ならではの自然を体験できるアクティビティがいろいろあります。

また、平成28年にウイスキーの蒸溜を開始した「厚岸蒸溜所見学ツアー」も人気です。ただし非常に人気のツアーなので早めの予約をおすすめします!

厚岸に行くのであればお隣の浜中町にも行くことをおすすめします。
名前は聞き馴染みがないと思いますが、断崖絶壁が続くこのエリアは見どころが多いので、天気がよければ最高です。

霧多布湿原や霧多布岬など絶景が集まる浜中町で訪れるべき観光スポット